月6,000円もスマホ代を節約できる格安SIMを徹底解説!
詳細はココをクリック!

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホは格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」で使える?

IIJmio(みおふぉん)は当サイト一押しの格安SIMであり、実際に私も利用しています。

【1年で約7万円節約】IIJmio(みおふぉん)の評判評価。乗り換えでスマホ代を大幅削減!
私は格安SIMの「」を使っています。 以前はauを契約していたのですが、au時代に比べると auのときの請求金額 : 毎月8,000円程度 現在の請求金額 : 毎月2,000円程度 なので、IIJmio(みおふぉ...

IIJmio(みおふぉん)では大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で現在利用中のスマホをそのまま使える場合が多いため、乗り換えの際にスマホを持ち込めば初期費用を大きく削減することが可能です。

ただし、各キャリアとスマホの種類(iPhoneとAndroid)によって利用できる・できないが細かく条件分けされていますので、当記事ではそのあたりについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

「SIMロック」と「SIMロック解除」とは?

本題に入る前に、まずは「SIMロック」と「SIMロック解除」という言葉について説明します。

SIMロックについて

大手キャリアで契約したスマホの中には「SIMカード」と呼ばれるマイクロチップが挿入されています。

SIMカードの挿入場所

スマホのどこかにSIMカードが入っています。
(挿入場所は機種によって異なります)

SIMカードのサイズ

SIMカードのサイズはおおよそ1円玉程度です。

ドコモのスマホにはドコモのSIMカードが、auのスマホにはauのSIMカードが挿入されているといった感じです。

そして各キャリアのスマホは当該キャリア以外のSIMカードを挿入しても利用できないように「SIMロック」が設定されています。

そのため、ドコモのスマホにauのSIMカードを、auのスマホにソフトバンクのSIMカードを挿入してもデータ通信も電話も使えません。

SIMロックがかけられている理由は他のキャリアへユーザーが流出してしまうことを防止するためです、

SIMロック解除について

この「SIMロック」を解除する手続きのことを「SIMロック解除」と言い、SIMロック解除したスマホはどこのキャリアのSIMカードを挿入しても使えるようになります。

例えば、

  • ドコモのスマホ x auのSIMカード
  • auのスマホ x ソフトバンクのSIMカード
  • ソフトバンクのスマホ x ドコモのSIMカード

のような異なるキャリアのスマホとSIMカードを組み合わせてもデータ通信・電話ともに利用することができるのです。

厳密にはスマホの通信規格と各キャリアの通信規格が合致している必要があるため、実際にはいかなる組み合わせでも必ず利用可能というわけではありません。

しかし、基本的には「SIMロックを解除すればキャリアを問わずスマホを使える」という理解で良いと思います。

SIMロック解除は2015年5月以降に販売されたスマホに対して実施することができ、各キャリアショップ(実店舗)やネット経由で手続きができます。

ただし、実店舗で手続きすると3,000円の事務手数料が必要となるためネット経由(無料)で手続きすることをオススメいたします。

各キャリアのSIMロック解除について

IIJmio(みおふぉん)へスマホを持ち込むとき

前置きが長くなってしまいましたが、ここからは各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で利用中のスマホをIIJmio(みおふぉん)に持ち込んで利用する方法を解説していきます。

各キャリアのスマホをIIJmio(みおふぉん)で利用できるかどうかは条件が複雑なのでキャリアごと・スマホの種類ごとに場合分けをして考えます。

なお、基本的には当記事で解説する通りですが、万が一利用不可のケースも考えられるため最終的にはIIJmio(みおふぉん)公式サイトの「動作確認済み端末一覧」でご自身の責任でチェックするようにして下さい。

ドコモから乗り換えるとき

ドコモからIIJmio(みおふぉん)へ乗り換えるときは「タイプD(ドコモ回線)のプランを契約する」という一点さえを守ればOKです。

それだけでiPhoneでもAndroidでも初期設定をするだけで利用することができるからです。

auやソフトバンク(ともに後述)と異なり、SIMロック解除は必要ありません(解除しても良いですがする意味もないです)。

誤ってタイプA(au回線のプラン)を契約してしまわないようにだけ注意しましょう。

auから乗り換えるとき

iPhoneの場合

auでiPhoneを利用しているときは「SIMロックを解除する」という一点さえ守ればIIJmio(みおふぉん)でも引き続きiPhoneを利用可能です。

IIJmio(みおふぉん)で契約するプランはタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)のどちらでも構いません。

SIMロック解除の手続きはネット経由だと無料なのでオススメです(キャリアショップだと3,000円必要です)。

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

ただし、2015年5月以前に発売された機種(5c/5s/6/6 Plusなど)はSIMロック解除できないためIIJmio(みおふぉん)で利用することは出来ません。

Androidの場合

auでAndroidを利用しているときは、

  • SIMロックを解除する
  • タイプA(au回線)のプランを契約する

という2点を守ればIIJmio(みおふぉん)にスマホを持ち込んで利用可能です。

ただし、iPhoneと同様、2015年5月以前に発売された機種はSIMロック解除できないためIIJmio(みおふぉん)では利用不可です。

ソフトバンクから乗り換えるとき

iPhoneの場合

ソフトバンクでiPhoneを利用しているときは「SIMロックを解除する」という一点さえ守ればIIJmio(みおふぉん)でも引き続きiPhoneを利用可能です。

IIJmio(みおふぉん)で契約するプランはタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)のどちらでも構いません。

SIMロック解除の手続きはネット経由だと無料なのでオススメです(キャリアショップだと3,000円必要です)。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

ただし、2015年5月以前に発売された機種(5c/5s/6/6 Plusなど)はSIMロック解除できないためIIJmio(みおふぉん)で利用することは出来ません。

Androidの場合

基本的にソフトバンクで利用中のAnroidのスマホはIIJmio(みおふぉん)で利用することはできません。

公式サイトのよくある質問(FAQ)にもしっかりと明記されています。

IIJmio(みおふぉん)ではソフトバンクのAndroidスマホは利用不可

IIJmio(みおふぉん)の良くある質問(FAQ)より
※Q. 現在、au(またはSoftBank)のスマートフォンを使っています。MNP転入は可能ですか

こればかりはどうしようもありませんので、ソフトバンクのAndroidを利用中の方はIIJmio(みおふぉん)へ乗り換える際にスマホをセット購入するのがオススメです。

乗り換え時に新品のスマホを購入するとき

IIJmio(みおふぉん)に乗り換えるタイミングで新しいスマホが欲しい!」という場合には

  • IIJmio(みおふぉん)を契約する際にスマホをセット購入する
  • 自分でスマホを購入し、それをIIJmio(みおふぉん)で利用する

という2つの方法があります。

SIMカードとセットで契約する

文字通り、SIMカードを契約するときに一緒にスマホも購入する方法です。

IIJmio(みおふぉん)の端末セット

IIJmio(みおふぉん)の端末セットのラインナップの一部
安価なものは1~2万円程度から購入できます。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でスマホを契約するときと同じなのでイメージしやすいのではないでしょうか。

IIJmio(みおふぉん)のラインナップにないスマホはセット購入できない(例えばiPhoneはないです)というデメリットはありますが、

  • セット購入したスマホは必ずIIJmio(みおふぉん)で利用できる
    (自分で「動作確認端末」をチェックする必要がない)
  • 入門用モデル・平均的なモデル・ハイスペックモデルなどが幅広く揃っている
  • 分割払いを選べる(若干割高になりますが)

といった大きなメリットがあるので非常にオススメの方法です。

自分でスマホを購入する

ネットショップや家電量販店などで購入したSIMフリーのスマホをIIJmio(みおふぉん)に持ち込む方法もあります。

SIMフリーとは?

「SIMロック」が設定されていないスマホのことで、SIMカードを挿せばキャリアを問わず利用可能です。

IIJmio(みおふぉん)のセット販売にラインナップされていないスマホを自由に選ぶことができたり、特売セールなどを活用して安価に購入することができる点が大きなメリットです。

一方で、購入した(または購入予定の)スマホがIIJmio(みおふぉん)で利用できるかどうかは自分の責任でチェックする必要があるため、チェックを怠ると「IIJmio(みおふぉん)と契約したけれどスマホを使えない。」という悲惨な事態に陥るリスクがあります。

従って、自信がない人はセット購入する方が無難です。

まとめ

IIJmio(みおふぉん)はタイプD(ドコモ回線)のプランとタイプA(au回線)のプランがあるので、ドコモもしくはauと契約中なら現在利用中のスマホをそのままIIJmio(みおふぉん)で利用できる可能性は非常に高いです。

ソフトバンクに関しては残念ながらAndroidは利用不可ですが、iPhoneなら利用可能です。

現在利用中のスマホを持ち込めば初期費用を安価に抑えられて乗り換えのハードルがぐっと下がると思いますので、当記事の内容を参考にIIJmio(みおふぉん)の利用を是非検討してみて下さい。

コメント