月6,000円もスマホ代を節約できる格安SIMを徹底解説!
詳細はココをクリック!

【1年で約7万円節約】IIJmio(みおふぉん)の評判評価。乗り換えでスマホ代を大幅削減!

私は格安SIMの「IIJmio(みおふぉん)」を使っています。

以前はauを契約していたのですが、au時代に比べると

  • auのときの請求金額 : 毎月8,000円程度
  • 現在の請求金額 : 毎月2,000円程度

なので、IIJmio(みおふぉん)に乗り換えたことにより1ヶ月で約6,000円、1年間で7万円以上もスマホ代を節約することができています。

IIJmioの請求明細

私の請求明細(IIJmioを利用)
上記の金額の内訳は3GB + 通話料金などです。
電話をあまり使わないので2,000円を切る月も少なくありません。

また、IIJmio(みおふぉん)へ乗り換えてからは既に約3年半が経過している(2015年2月から利用開始)のでトータルでは25万円近くもの大幅削減です。

このように、家計を圧迫しがちなスマホ代を大きく圧縮する効果がある格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」は非常にオススメです。

当記事ではIIJmio(みおふぉん)のメリットやデメリットなどを含む評価について書いていきますので是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

格安SIMとは?

その前に「格安SIM」についてです。

「格安SIM」は大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からモバイル回線を借りた事業者が安価で私達ユーザーにサービスを提供する事業形態です。

格安SIMの仕組み

格安SIMの仕組み

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比較するとサービスの内容が限定的であり手厚いユーザーサポートは期待できませんが、その分だけ月額料金が安価である点が非常に魅力的です。

格安SIMの詳細については以下の記事をご参照下さい。

毎月のスマホ代を安くする方法の決定版!格安SIMとは?
固定費のうち、スマホ代は毎月1万円前後の支出が必要です。 もちろん契約内容によって多少金額が前後することはあると思いますが、スマホ代が家計における重い負担の一つであることは間違いないでしょう。 毎月のスマホ代を大きく削減するためには...

IIJmio(みおふぉん)のメリット

IIJmio(みおふぉん)」は株式会社インターネットイニシアティブが運営している格安SIMです。

多数の格安SIMの中でもユーザーの評価が高いことが有名で、以下のようなメリットが多く使いやすいです。

IIJmio(みおふぉん)のメリット

  • 使いやすいプランが多い
  • 通話料金を安く抑えやすい(一般的に格安SIMは通話料金が高くなりがち)
  • データ通信が使いやすい(3日間制限がない等)
  • iPhoneを使える

私自身もIIJmio(みおふぉん)を3年以上利用していますが特に不便を感じたことはなく、格安SIMの中ではかなりオススメできると思います。

IIJmio(みおふぉん)のメリットの詳細については以下の記事をご参照下さい。

格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」をオススメする14のメリットを解説
当サイトでは格安SIMの「」をオススメしています。 私自身が実際に利用していて毎月2,000円程度の支払いで済んでいる(auだったときは約8,000円/月)ということに加えて、様々なメリットがあることがオススメの理由です。 当記事で...

IIJmio(みおふぉん)のデメリット

しかし、IIJmio(みおふぉん)も完璧というわけではなく以下のようなデメリットが存在します。

IIJmio(みおふぉん)のデメリット

  • 支払い方法はクレジットカードのみ(口座振替などは不可)
  • 最低利用期間と違約金がある(ただし、2年縛りはない)
  • お昼休みなどの混雑する時間帯は通信速度が低下しやすい
  • LINEのID検索ができない(年齢認証ができないため)
  • キャリアメールを利用できない

大半は「IIJmio(みおふぉん)独自のデメリット」ではなく「格安SIMというサービス自体のデメリット」であるためIIJmio(みおふぉん)のサービスの品質が悪いということでは決してありません。

また、月額料金の安さを考えればこの程度のデメリットは妥協できる範囲内だと思います。

しかし、デメリットが存在することは紛れもない事実であるためこれらのデメリット許容できないのであればIIJmio(みおふぉん)を契約するのは止めておいた方が無難です。

IIJmio(みおふぉん)のデメリットの詳細については以下の記事をご参照下さい。

格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」のデメリットとは?契約前に注意しておくべき6項目とは?
は当サイト一押しの格安SIMです。 オススメの理由は、実際に私自身が利用しており毎月の請求金額を約2,000円程度に抑えられていることをはじめその他にも様々なメリットがあることなどが挙げられます。 とはいえ、IIJmio(みおふ...

IIJmio(みおふぉん)で使えるスマホについて

IIJmio(みおふぉん)では、条件次第でドコモ・au・ソフトバンクで使っているスマホをそのまま持ち込むことが可能です(乗り換えと同時に新品を購入してももちろんOK)。

各キャリアスマホのIIJmio(みおふぉん)での利用可不可
現在契約中のキャリア スマホの機種
iPhone Android
ドコモ 使える(SIMロック解除不要)
au 使える(要SIMロック解除)
ソフトバンク 使える 使えない

現在使っているスマホをそのまま利用するのであれば初期費用が少なくて済むのでリーズナブルですし乗り換えもしやすいと思います。

ただし、ソフトバンクのAndroidに関してはIIJmio(みおふぉん)では利用できないため残念ながら持ち込み不可です。

各キャリアごと・スマホの種類ごと(iPhone・Android)の持ち込みの可不可や条件の詳細は以下の記事をご参照下さい。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホは格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」で使える?
は当サイト一押しの格安SIMであり、実際に私も利用しています。 IIJmio(みおふぉん)では大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で現在利用中のスマホをそのまま使える場合が多いため、乗り換えの際にスマホを持ち込めば初期費用を...

乗り換え時期は早い方がお得!

IIJmio(みおふぉん)に興味が湧いたとしても、「いま(大手キャリアを)解約すると違約金が発生するから2年縛りの更新時期まで待とう。」と考えてしまうかもしれません。

しかし、基本的には違約金を支払ってでもできるだけ早くにIIJmio(みおふぉん)へ乗り換えた方がお得な場合がとても多いです。

というのも、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)とIIJmio(みおふぉん)の月額料金の差額がとても大きいので1万円程度の違約金を負担しても速攻で元が取れるからです。

例えば、私の場合は

  • 以前auで契約していたときの請求金額 : 毎月8,000円前後
  • 現在のIIJmio(みおふぉん)の請求金額 : 毎月2,000円前後

のようにその差額は毎月6,000円にもなり、乗り換えから2ヶ月後には違約金の負担を相殺できています。

もしIIJmio(みおふぉん)への乗り換えを検討してるのであれば以下の記事を参考にして乗り換え後の請求金額をシミュレーションした上で大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)との差額がいくらになるのかを算出してみるのがオススメです。

格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」に乗り換えるベストなタイミングは?
当サイトでは格安SIM「」をオススメしています。 IIJmio(みおふぉん)に関する記事を読んで興味が湧いてきた人の中には「いまキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を解約すると違約金が発生するから2年縛りの更新時期まで待とう。」...

まとめ

大半の人はIIJmio(みおふぉん)へ乗り換えることで毎月のスマホ代を大きく節約できるはずです。

格安SIMに対して「よく分からない」・「難しそう」といったイメージを持っている人も少なくないかもしれませんが、申込み手続きは公式サイトの案内に従えば良いだけなので特に難しいことはありません。

格安SIMはスマホ代を節約・削減したいならこれ以上ないほど優れた方法ですので興味があれば是非ともIIJmio(みおふぉん)への乗り換えを検討してみて下さい。

コメント